• お知らせ

お知らせ

施餓鬼供養 8月15日 13時~

 8月が近づき、私たちの生活の中に仏様、ご先祖様を意識し、接する機会が多くなります。各寺院では、お盆の期間中に施餓鬼供養が行われます。では、施餓鬼供養とはどういう意味があるのでしょうか?

  人が亡くなると、仏教では因果応報(人は善い行いをすると善い報いが訪れ、悪い行いをすれば悪い報いが訪れる)、生前行った功徳の結果により次の世では六道の世界に振り分けられると考えられています。六道とは、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の6つの世界のことを言います。その中で、餓鬼道の世界とは、生前、欲張りで嫉妬深い人が陥る世界で、餓鬼道の世界には様々な欲求を欲する人々が集まり、決してその欲求は満たされることなく、己の欲望の炎によって、自身の身を焼いて苦しむ世界のことです。

 お釈迦様の弟子に目連(モクレン)という人がいました。目連は、お釈迦様の弟子の中で神通第一と呼ばれるほど、神通力の優れた人でした。ある日、目連は、亡くなった母親がどうなっているのか神通力を使い透視を行いました。すると母親は、餓鬼道の世界に落ち、体は痩せこけ、お腹だけ膨らませて、口に入れようとする食べ物は全て燃え上がり、もがき苦しんでいるではありませんか。目連の母親は、生前、他人の不幸を喜び、人をだまし、己の欲求のみに生きていました。その結果が餓鬼道だったのです。驚いた目連は、どうすればよいかお釈迦様に相談しました。すると、お釈迦様は、「雨季もそろそろ明ける。修行から出てくる僧侶たちを供養することによって、母親は餓鬼道の苦しみから救われるであろう」と言われました。インドでは、僧侶は雨季の期間中修行に籠ります。早速、目連は修行から出てくる何百人という僧侶たちを供養しました。その後、神通力を使い母親の様子を見てみると、母親は、餓鬼道より救われ、微笑みながら天界へと誘われて行くのが見えました。これが、お盆の時期に奉修される施餓鬼供養のはじまりです。

 人は誰しも、つい欲深い行いを知らず知らずのうちに行い、その結果、因果応報、次の世では餓鬼道の世界に落ちて苦しむようになるかも知れません。そうした人々を救うためには、今生きている私たちが、善行を積んで、仏様の慈愛を培い、餓鬼道で苦しむ人々を天界へと導いてやらなければなりません。施餓鬼供養とは、字の如く、餓鬼に施すということですから、まず、水や食べ物を供え、読経回向します。ところが、施餓鬼供養で最も大切なことは、普段から家族をはじめ他人にも気を配る優しさを持ち、食べ物を大切にし、他人に施し、共に分け合うことの大切さに気づく時間をもつことにあります。合掌

お知らせ一覧へ